自己処理は面倒くさい以外にも危険なこともある

ムダ毛の自己処理を行う時にカミソリの次に多い処理方法は毛抜きでしょう。
カミソリよりも自己処理の間隔を開ける事が出来るという利点もありますがリスクについて紹介したいと思います。

自分でカミソリで剃るのは肌への負担が大きい

まず毛抜きの自己処理は肌への負担が大きいという点です。無理やり引っ張っている状態なので毛穴が開いてしまいます。
開いた毛穴からばい菌が入ってしまったり、肌がボツボツになってしまったりします。
痛みを伴う事も多いですし、何よりも1本1本抜くという作業が負担が大きすぎますよね。

いつまでも自己処理だと埋没毛になる可能性

またムダ毛を抜き取る時に肌がこれ以上ダメージを加えられたくないと防衛機能が働きます。
そのため毛抜きでムダ毛を抜くと次に生えてくる毛は埋没毛になる可能性が高くなります。
埋没毛を肌の表面に出して無理に抜こうとするとさらに肌へのダメージが広がってしまいます。

ちなみに脱毛サロンで脱毛をしてもらう場合に電気シェーバーなどで自己処理をする必要があります。
この際に絶対に毛抜きを使用してはいけません。なぜかというと根毛ごと抜くと毛周期が乱れてしまい脱毛施術の効果がなくなってしまうからです。